話は随分昔に戻りますが、お姉ちゃんを妊娠・出産した時の事。妊娠まで遡るともう10年前ですね☆

まだまだ女性が産休・育休を取り、仕事に復帰して働くという事が少数派だった時代。

 

私は仕事が大好きだったし、何より就職氷河期にやっと就職した会社。しかも正社員。

(1999年就職:超が付くほどの氷河期で今の人手不足や売り手市場からは考えられない状況でした。)

もちろん辞めるつもりは微塵もなく定年まで働く予定でした。が...

 

女性が子どもを抱えて仕事する事がこんなに大変な事とは!!

 

まず妊娠中、仕事帰り大きなお腹で夜9時台のバスに乗ろうものなら席を譲られるどころか白い目で見られる。

(仕事か遊びか知らんけど、こんな大きなお腹で夜までほっつき歩いてという感じかな。)

 

次、1才で職場復帰しようと思いましたが保育園に空きがない!

いわゆる待機児童っていうもの。結局4月まで待って1才3か月で復帰。

 

復帰したら6時〜22時までのシフト勤務。(航空会社で妊婦も子どもがいる人もシフト勤務必須。)

(2才まで時短がありましたが早番・遅番は免除されず。朝は必ず6時〜後半カットはOK。夜は必ず22時まで前半カットはOK。)

あんまり時短の意味、ありませんよね(泣)

土日祝日、盆正月関係なし。「早早遅遅休休」のシフトパタ−ンが永遠に続く。

遅番は定時の22時には終わらない。帰宅は0時過ぎる事も。

なので保育園7時〜20時をフル活用し、パパや実家の母の協力で乗り切る。

 

1才のお姉ちゃんはしょっちゅう発熱、病気、胃腸が弱く腸重積、ノロやロタで3回入院。

会社に付くなり保育園からお迎えに来ての電話。

入院に付き添いだけで、すぐに私の有給は無くなる。

 

普通に仕事するだけでもきついのにこれに普段の家事・育児・保育園の行事などなど。

 

本当に死にそうでした。

そして娘が3才の誕生日を迎え時短が無くなり、更に仕事は過酷に。次回に続く。

 

 6年前の事、上のお姉ちゃんが3才になり時短勤務が終了した。

1日8.5時間シフトでフルタイム勤務となった私は本当に毎日が命がけ。

泊りがけの出張もありました。

とりあえず絶対やらなきゃいけない事だけやったら1日終了の毎日。

それに前みたいに仕事が楽しくない。1日楽しくない仕事をして帰宅したら家事・育児。

休みの日もグッタリで好きな旅行もわざわざ行きたくない心境になってきた。

もう何のために働いているのか分からない状態。

 

それでも就職氷河期に頑張って就職し15年近く続けている会社、この会社も順風満帆というわけではなく

入社3年目に経営統合で吸収合併され今に至る会社。その時も大変だった。

それに、せっかくの正社員。娘は保育園、私が仕事を辞めたら幼稚園に入りなおすか私が他の仕事見つけねば。

絶対に絶対に辞めたくなかった。

 

でも体と心が悲鳴を上げていた。フルタイム勤務になって約半年を過ぎたころ

7.5度くらいの微熱が続き、会社では汗がダラダラ。出勤のバスの中でも気分が悪くなる。

 

自分では分かっていた。心身ともにもう限界。

でも休む暇もなく次の日がやってきて、とりあえず会社行く準備しなきゃ、バスに乗らなきゃって

バスに乗りさえすれば会社まで連れて行ってくれるからってバス停まで死ぬ気で歩いて...

そんな日々だった。

 

 

 

 久々に過去の仕事の続き...。娘を保育園に預けて朝6時〜夜10時までのシフト勤務を正社員で続けていた私は

時短勤務が終わった半年後くらいから体調を崩し始め、とにかく汗が止まらない。微熱が続く。

(こんな中でも盆・正月帰れば「2人目は?下は作らんとですか?」と無神経に連発する義親戚。

本当に今、思い出しても腹が立つ。)

 

とりあえず、どこか体が悪いんじゃないかと思い病院をはしご。

心電図によく引っかかっていたので心臓、バセド−病じゃないかと思い婦人科。最後に総合病院。

血液検査にレントゲン。でも、どこも悪くない。それは、それで良かった。

でも先生が一言「仕事中に汗が出てくるんだとしたら...もしかしたら、軽いウツ状態になっているかも知れませんね。」

 

この言葉に「やっぱりね。」納得。自分でも分かっていた。でも心のせいだと認めたくなかった。

で先生(ここでも女医さん。息子妊娠中の主治医の先生も女医さん。女医さんに縁があるのかな。)

「毎日、どんな生活?」で毎日の大体の生活を話した。

そしたら「もう少し休まないと。これだけ仕事して子育てして家事して。旦那さんにもうちょっと協力してもらって。」

1日中パソコンに向かって仕事をしている事を知ってストレ−トネックの解消法まで教えてくれた。

最後に「ちょっと舌見せて。」と言われて舌を見せると「ああ、食欲はあるね。だったら大丈夫。」

睡眠導入剤と自律神経を整える漢方薬を処方してもらって診断書も書いてもらった。

診断名は「不眠症」そして「数週間自宅療養を要する」の記載。これで会社を休むことが出来る。

約1か月休みました。

 

でも睡眠導入剤は怖くて飲めませんでした。

そもそも、こんな薬が出たって事がショックで。はい。全部捨てました。

でも、あとあと調剤薬局事務でパ−トをする事になるのだけど睡眠導入剤って本当に飲んでる人が多くて普通に出るんですよね。(私が勤務していた薬局はごく普通の内科です。)

会社員、看護師さん、お医者さん、教員...本当に普通に飲んでいる。

この時はそれを知らなかったから、とても怖い薬というイメ−ジがあったんですけどね☆

息子を入院中の時も眠れない時用に処方されたけど、結局使いませんでした。やっぱり怖いイメ−ジがあって。

 

話はとびましたが1か月休んでいる間に色々考えた。復帰しても仕事内容も勤務時間も変わらない。

どうしよう...そんな事を考えながらソファ−に寝転んで大好きなフィギュアスケ−トグランプリシリ−ズを見ていた時の事。

中国の「李子君」という女子選手が「コッペリア」の音楽で演技していた。

この曲、高校3年の時、吹奏楽部のコンク−ル自由曲で演奏した曲。何故か涙が溢れて止まらなかった。

この時、もう辞めてもいい。会社に復帰しても、もうダメと思ったら辞めよう。何故かそう思った。

 

で1カ月後、復帰して普通に約4カ月働きました。けど、とてもきつい。もうバスに乗るものつらい。

もう仕事が楽しくない。この仕事しても何も進展がない。展望が見えない。

結局、年度末の3月で退職しました。

 

就職超氷河期に就職し、会社の統合や、その他色々を乗り越えて15年働いた会社。

悲しくて悔しくて一言では言い表せない感情。当時37才。スゴロクで振り出しに戻った気分。

でも娘は保育園、とりあえずパ−トでいいから次、見つけなきゃね。

 

 仕事シリ−ズ第4弾! 

 2014年の3月の事。退職する前には、もちろん保育園に今後の事は確認しておきました。

そのまましばらく居れるのか、すぐさま他の仕事をしないと追い出されるのか。

当時お姉ちゃんは4月から年中という時期。

保育園から「基本的には何か仕事をしてもらうとか妊娠、介護、本人の病気とか何等かの理由がないと保育園に居れないのが条件。

ただ4月からの続けて入所は確定しているので、すぐに退園という事はない。但し他に転園等でうちの保育園に来た場合は即退所してもらう事になる。」

という事で、もう体も心もボロボロの中、就職活動をしなければならない。早速ハロ−ワ−クに行きました。

と共に就職活動しているアピ−ルの為、区役所にも申立書の書類を提出しました。

保育園を追い出されたら大変ですから。

 

ハロ−ワ−クで退職した会社から渡された書類を提出すると「〇〇会社さん(←退職した会社)書類に不備があるので、ハロ−ワ−クから送り返してもう一度、ハロ−ワ−クに郵送してもらいますね。なので少し失業保険の給付が遅くなるかも知れません。」

と言われ思わず「えっ申し訳ございません。」

(もう退職しているし総務のミスだけど何故か謝ってしまった。)会社に15年も所属しているって怖いですね。

で、こういう事情で急ぎ仕事を探していると言ったら「マザ−ズコーナ−」を案内され子どもがいても働きやすい仕事とか

シングルマザ−で仕事が必要だという人の為の窓口で仕事を探してもらえる事になりました。

 

最初の担当は60才くらいの女性の方。前回の私の仕事内容を見るなり

「......一体どうやって、この仕事続けてきたんですか。いくら近くにおばあちゃんがいるっていっても...

私もあなたと同じくらいの娘がいるけど...大変過ぎるでしょ!よく頑張られましたね!」

涙が出そうだった。次回に続く...。 

 

 娘の保育園の為、ハロ−ワ−クに通って求職活動をするものの本心はしばらく、ゆっくり休みたかった。

15年勤めた会社を心身ともにボロボロになって退職したんだもの...当然だった。

それに失業保険も満額もらいたい所が本音。でも自己都合退職だったので退職後3か月しないともらえない。

しかも退職した会社の書類に不備があり、支払いが遅くなるかもと言われている。はぁ(ため息。)

それに保育園を続ける為には、ちょっとしたパートはダメ。

(例えば週に何回かで午前中だけのパートではダメ。パ−トでもOKだけどそれなりの時間勤務しないと保育園に入れない。)

 

しかし運よく年中で保育園を転園したいという子は、めったにいないらしく、求職活動中という事で保育園には続けて居れる事に。

結局、4月から求職活動し秋まで何事もなく居れました。そしていよいよ来年度の保育園入所の為の書類を提出しなければならない

11月、本腰を入れて自宅近くで働ける所を探し始めました。(もうバスや電車で通勤するのは嫌だったので。)

 

住んでいる所は福岡の中心地、天神や博多からは少し離れた住宅街。

今までの経験を生かす航空・旅行関係の仕事なんて当然ながら近所にありません。

で、ハロ−ワ−クのマザ−ズコ−ナ−で紹介してもらったのが「子育て応援」を宣言している新しくopenする調剤薬局事務のパ−ト。

ここなら家から自転車で行けるし実家も近く。しかも新規openというのが魅力。

でも医療事務関係は人気があるらしく経験者や資格を持っている人が強いとの事。

ダメ元で受けてみたら、採用決定になりました!

 

という事で2014年の11月下旬から全く未知の分野の調剤薬局事務でパートをする事になり、失業保険もあと3日を残してほぼ満額もらえました☆調剤薬局事務の仕事の事は、また次回☆

 

 

 パートで勤め始めた調剤薬局は薬剤師が正社員で1人。事務のパ−トが2人のこじんまりした所。

事務のパ−トは、ほぼ常時1人で月曜日の午前中とか棚卸しの日は2人態勢。

なので9時〜18時30分までのフルタイム勤務が週2回と、9時〜13時までの半日勤務が週2回。

勤務時間は保育園に入れるギリギリのラインでした。

 

自宅から自転車で通える所で、こんな所が見つかって本当にありがたい。

しかし今までの大所帯の会社とは違って店舗の開け閉めから、お金の管理、店舗の掃除まで

なにまで何から何まで1人でこなさないといけない。

それに医療事務の経験も資格も無いし最初は日々勉強。

新卒で15年勤めた航空会社と、パートといえども初めて転職した医療業界、全く、畑が違う。

仕事内容は受付、処方箋の入力、会計、薬のピッキング、発注、在庫管理、レセプト請求業務...等々。

 

でも何だろう、今まで同じ仕事を1日中していたのと違って色々な事をするので時間が経つのが早い。

その点は楽しかった。

 

ただ...店舗は大体、薬剤師と事務の2人きり...人数が少ない方が人間関係大変かも。

大所帯だと苦手な人もいる反面、絶対に気が合う人もいるから仲良くなってランチとか楽しい。

結局、私が1年半、勤務ている間にもう1人の事務のパートは4人、代わりました。

理由は仕事内容が嫌だとか薬剤師とケンカしたとか様々で...これまた、もう1人の事務が新しい人になると大変で。

私だって初心者でまだ勤務して数か月というのに、きちんと教えられませんよっていう話です。

 

最後に一緒に勤務した事務の方が旦那様の転勤で退職するのと同時に、私の方も娘の保育園が終了して絶対に働かないといけない状況ではなくなりました。

あとは、夕方6時半までの勤務なんだけど時々残業があって7時以降になることも。

これじゃあ小学校の学童保育に間に合わない。

(保育園は8時までなんですけどね、これが小1の壁っていうやつ。)

それに事務が2人だけなので子どもの病気や自分の体調不良等でどうしても休まないといけない時に、もう1人の方に負担がかかる!

1度、お姉ちゃんのアデノウイルスが私にうつって発熱した時に、変わってもらえる人がいなくて震えながら働きました。

 

と…そんなこんなで2016年3月で調剤薬局のパ−トも退職し、晴れて(?)専業主婦となりました。

保育園って仕事辞めた時が大変!

逆に幼稚園だとガッツリ仕事をしたくなったら保育園に移らないと。

こども園みたいな所が、もっとたくさんできるといいんですけどね⭐

15年勤めた航空会社を退職後→1年半勤めた調剤薬局のパ−トを退職して、2016年4月に

人生初の専業主婦になった私。

お姉ちゃんは小学校入学。

学校から帰宅する頃に必ず家に居れる。

何て素晴らしいんだろう。

おまけに家事に専念出来る。

日中はお姉ちゃんは学校だし、本当に専業主婦ってお姫様みたい☆☆

体壊す前にさっさと専業主婦になってれば良かった!

でも仕事が好きなんですよね、未だに15年勤めた会社を辞めた事を後悔する事もある。

 

しかーーーも!!私が退職して約半年後に

「小学校入学までのお母さんは半日勤務、早番遅番無し。」

っていう制度が出来たっていうじゃないですか!!

半日勤務して正社員で居れる...、ボーナスも半分ですが、もちろん出る。

何それ、すんばらしい制度ができたじゃない✨

さすが大企業。(赤か青かは想像にお任せします。)

もうちょい早く作って欲しかった!

ほんと、私ってタイミング悪い!聞くところによると、出産した、ほとんどの人が半日勤務制度を利用らしいです。そりゃ、そうですよね−。

私の時は、そもそも子ども産んで働いてるお母さんが数えるほどだったけど、それはもう、みんな半分死にながら働いてました😰

でも良かった。後に続く後輩に良い制度ができて💓

 

ひとまず私は、専業主婦をしながら調剤薬局の失業保険もらいつつ秋まではゆっくりするつもり。

そして2016年の11月、40才の誕生日を迎え、そろそろ失業保険の給付も終了。

さあ、人生再スタ−ト!!と思った所で、まさかまさかの2人目妊娠。

(これが895グラムで産まれたチビッコ息子ね。)

 

ああ何て事だろう。嬉しいというより、人生って絶対に思い通りにはいかないものなのね☆

と思いました。

でも授かった命は産まなくちゃと思った。

まさかね、こんな小さな子が産まれるとは思いませんでしたけど。

ほんと、仕事も子育ても何もかもがスゴロクの振り出しに戻ってしまいました。

 

でもでも今、人生80年、90年、もしかしたら100年、生きるかも。

そう思ったら、長い目で見たら良かったのかも。

色んな経験が出来て。

40才くらいで人生そうは上手くいかないという事が分かって良かった。

人の痛みが分かる経験が出来て良かった。

そのまま1人っ子のママで、1つの会社で順調に働いて、退職して...60才。定年延ばして65才くらい?その後の人生、どこかで大コケしそう。

今は人生の中盤で迷走中って事ですかね☆☆

 

で、仕事シリ−ズのブログはひとまず終了!

また新しい仕事を始める、始めたいとか動きがあったら書いていきます!

 895グラム産まれの息子も1才7か月(修正1才5か月)。

それはそれは、想像以上の、わんぱく悪ガキ息子。

でも、こんなに小さく産まれて、わんぱく過ぎて心配するくらいで本当に良かった。

妊娠中や、産まれて1年くらいまでは発達は遅れないのか??

もし障害があれば、私も自分の仕事や趣味どころではなくて、

この子に一生を捧げるような生活になるかも知れない。

と思っていた。

 

(実際は子どもが障害児だからって、お母さんが何でもかんでも引き受ける世の中が間違ってる!

お母さんだって自分の人生があるでしょ。息子が健常児でも障害児ここは声をあげて変えていかなくちゃと思った。)

 

今のところ、大丈夫みたい。恐らく普通に幼稚園に行き、小学校に入学するだろう。

それに、もし何かあったとしても自分は自分。出来るお世話はするけど、私だって諦めないわよ。

 

それでね、次に何の仕事しようかなと考えた時の私の心は、給料とか世間体とか会社名とか、どーでもいい。

 

「好きな事がしたい・楽しい事がしたい・没頭できる事がしたい」

 

↑この条件に合う仕事、何年かかっても頑張って探そう!

 

そりゃね、入社3年にもみたない子が、こういう事言うと世の中なめてる、そんなに甘くないって言われるだろう。

でももう私、言う権利あると思います。

(私の仕事歴について知りたい方はカテゴリ−から仕事のことを選んで「ママが仕事をするという事 銑А廚鬚翰ください。)

 

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昭和でド田舎な義実家の嫁イジメ
    mutsumi 
  • 昭和でド田舎な義実家の嫁イジメ
    メグ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM