40才で2人目を思いがけず妊娠して、つわりもそこそこあったものの他は順調にマタニティライフを送っていたのですが

妊娠27週目で産科の医師から「胎児の推定体重700グラムほどで、かなり小さい。大きな病院に紹介状を書くから検査して下さい。」

と言われ、頭が真っ白になりました。その日の午後に予定していた「母親学級」にも行く気分になれずキャンセル。

翌日は市民バンドの演奏会も急遽キャンセルし(中学、高校、吹奏楽部だった私は妊娠中ものんきに楽器を吹いていました。)

 

検査までの1週間ほとんど眠れず「胎児発育不全」を検索しまくり、悩みに悩んでいました。

ダウン症もしくは何か他でも胎児に異常があるではないのか?という思いにとりつかれ、エコ−写真とにらめっこしたり。

確かに頭に比べてFL(大腿骨長)が短いのも気になるし絶対何かあると。

 

そして検査の日、私は緊張でガチガチになっていましたが大病院では丁寧なエコ−で胎児の隅から隅まで診てもらいました。

そして医師の一言「小さいだけで、どこも悪くありませんね。」その言葉にひとまずは、どれだけホッとした事か。

でも気になっていたので質問しましたよ。「ダウン症などではないのですか?FLが短いのですが、なぜでしょう。」

医師のこたえは「羊水検査をしていないので100パ-セント違うとは言えないけど、多分違います。足やお腹に比べて頭が大きいのは

発育不全の胎児によくみられる事です。頭に栄養がいくようになっているんですよ。」と言われ、またまた一安心。

でもかなり小さい事には変わりないので、しばらくは大病院に転院、1週間ごとに通院して様子を見ることに。

 

この日は母体に異常がないかの検査をして終わりでした。血液検査等もあり検査結果は来週お知らせになりました。

 大病院に転院になった私は翌週、検診と母体の検査結果を聞きに行きました。

先週とは別の医師でしたが今日も念入りに胎児のエコ−をしてもらいました。

やはり小さいだけで異常はないとの事。母体も異常なしでした。

では何で胎児が小さいか...医師からは「おそらく胎盤の問題でしょうね。」という事。

妊娠初期、胎盤がつくられた際に赤ちゃんにあまり栄養が届かない胎盤がつくられたという事みたいです。

なぜ、そんな胎盤がつくられたか原因は分かりません。

 

赤ちゃんの推定体重は800グラム...妊娠29週としては、ほんとにほんとに小さい(泣)

私はこの2週間、食べまくってなるべく動かないようにしていたのですが、体重が増えたのは母体だけで赤ちゃん変わらずです(笑)

「少しは増えてるし、他に異常はないからこのまま外来で様子を見ましょう、胎児が小さくてもなるべく妊娠週数をかせいだ方が

産まれてからが赤ちゃん楽なんですよ。そしてお母さんの血圧が高めだから食事に気を付けて。」と言われまた来週。

この時点では、まだ血圧は(135/74)で高め範囲内だったのですが、後から血圧にも苦しめられる事になるのです。

 

翌週は私の主治医になってもらった頼れる女医さん。やっぱり念入りに胎児エコ−をしてもらい一言。

「この子、どこも悪くない、元気やね。」大病院で違う3人の医師に診てもらい胎児異常なしの太鼓判を押されて私も安心、安心。

だけど相変わらず、赤ちゃんは大きくならず、そして私の血圧、上が140に...。

「もう、入院した方がいいよ!来週また外来まで1週間延ばさない方がいい。(上の子もいるので)家族と相談して早めに入院しなさい!」現在妊娠30週...長ければ2か月強の入院です。

実家の母に朝と夕方に来てもらえるようお願いしたり(割と近くに住んでいるので本当に助かりました。)

上のお姉ちゃんの小学校担任の先生に事情を説明に行ったり、保険会社に電話したり(もらえるお金はもらった方がいいですもんね。)ドタバタ準備して3日後の朝、大病院の産科に入院しました。

    産科の入院部屋は4人部屋。個室にしなかったのはお金がかかるという事もありましたが、他の妊婦さんと話せた方が気が紛れるからという理由でした。この選択は正解でした。私以外の3人は2人が切迫早産で1人が胎児の心臓に異常あり。食事中はみんなでワイワイとおしゃべりできて、これが一番の気分転換!皆それぞれに悩みを抱えている妊婦さんが集まっているので話もしやすいんです。

 

産まれる前から赤ちゃんの病気や大きさが分かるのは、ありがたい反面、妊娠中に色々と先々の事を考え過ぎてしまうという事でもあります。食事中以外は、カ−テンで仕切られたベッドで1日中独りで過ごす事になるので本当に色々と思いを巡らせました。

もう3000グラムくらいの普通の赤ちゃんを産む事は諦めていました。が、

「せめて2000グラムくらいでは産みたい!でもこのまま大きくならなければどうなるの?産んだ後は障害は残るの?障害児になったら?育てられるの?私の生活は?まだまだ新しい仕事もしたかったのに!海外旅行だって行きたいのに!今後の一生を子どもに捧げなければならないの!せっかく兄弟をつくってあげたのに障害があったらお姉ちゃんに多大な負担を背負わせるかもしれない。。。」元々、子供は一人っ子でも良いと考えていた私。

正直、妊娠した事を後悔したりもしました。でももう産むしかない、元には戻れない、前進するしかないのです。

  入院中、一番苦痛だったのが朝、夕2回行うモニタ−検査。

これで赤ちゃんの心拍を確認し、元気かどうか判断するのだけど一度、私のお腹が張った時に赤ちゃんの心拍数が下がり、先生や看護師さんが5人くらい大急ぎでやって来て酸素マスクを準備したり「大丈夫ですよ!今のところ赤ちゃん元気だから!」

と声をかけられて、大パニックに。

それ以来、このモニタ−検査が恐怖になりました。普通、元気な赤ちゃんはお腹が張ったくらいでは心拍数は下がらないそうです。

やっぱり妊娠30週で900グラムだと耐えられないのかな。

結局、お腹が張った時に赤ちゃんの心拍数が下がること、羊水が少なくなってきている事、私の血圧が高い事を先生が総合的に判断され、妊娠31週と6日目、帝王切開で出産する事が決定しました。

 

赤ちゃんは、まだ推定体重900グラム。この体重で産まれてきたら一体どうなるのだろう?とても不安で不安でしょうがなかった。

先生の「900グラムで産まれても幼稚園に入る頃には、ほとんど普通の子に追いつきますよ。

それに週数を稼いでるから成長の過程でもそんなにトラブルはないはず。

最初だけ呼吸器が付くかもしれないけど恐らくそのくらいです。」という言葉に安心したいけど、本当にそうなのかな?(涙)

900グラムの赤ちゃんを産むなんて想像も付かなかった。でも、もう出産は明日です。


続きはカテゴリー → 【出産】へ。

いよいよ895gramベビー誕生です♪

1