なかなか大きくならない895gram産まれの息子。

 

先月、2才半時点で…

 

身長:80.1

体重:9.2kg

 

 

 同じく先月、内分泌科を初受診した血液検査・尿検査・レントゲン写真の結果がきました。

 

血液検査:異常無し。成長ホルモンが出ているであろう項目も平均数値。

(実際に成長ホルモンが出ているかどうかは1週間ほど入院検査しないと分からない。

なので出ているであろうです。)

 

尿検査:潜血があるが、前回の前々回の検査でも潜血があるので、これは遺伝、体質であろう。

なので問題無し。

(現在小4の姉と父親が健康診断で潜血でひっかかった事がある。と先生にお伝え。)

 

レントゲン:現在の骨の成長は1才過ぎレベル。

しかし超低体重出生児で産まれで、現在の身長・体重からするとよくある事。

両手、小指の骨が少し湾曲しているが、元々湾曲している人もいるので問題無し。

 

先生の説明をざっくり要約すると…

現時点では様子見(小さいだけで健康)

→今後の予定は、3才になった時点での成長の様子を見て(あと半年ほどですが…。)

実際に成長ホルモンが出ているかを調べるかどうかを判断。

そうなると1週間ほど検査入院。

成長ホルモンが出ている、出ていないで国からの補助金や治療方法も変わってくるので、きちんと調べる必要がある。

 

仝機浩長ホルモンが出ていない子 → 治療すると劇的に大きくなる。

元々成長ホルモンが出ている子 → 治療しても大幅に大きくなる事は少ない。

 

うちの息子の場合、恐らくホルモン異常なしであろうなので入院検査しても△硫椎柔が高い。

△両豺腓睚篏金はでないが成長を助ける治療はできる。

(補助金が出ないといっても普通の病気と同じなので福岡市だと2才まで無料、3才〜未就学児は1医療機関月600円、小学生1医療機関月1200円)

その場合少しは改善される可能性あり。


今の時点でこの身長・体重だと大人になった時の平均身長が150兪鞍勝

もし治療をすれば150儻緘勝

(あくまで平均なので、もちろんこれより低い場合もある。)

 

という事でした。

 

 

あと半年で急激に大きくなる事もなさそうだし…夏休みあたりに検査入院になりそうな私の予感。。。

え-っと1週間入院となると母親の私が付き添うわけで…そうなると家族も大変。

息子を産む時に1ヵ月入院した時よりは大丈夫かな。

しかしお姉ちゃん、小5とはいえ夏休み1日中ひとりで留守番はさせられない。

となると2学期始まっての秋頃がいいのかな…。等、色々考え中です。

 

とりあえず今できる事→血液検査で少々の亜鉛不足が見受けられたので亜鉛をとる食事を心がけて下さいという事。

亜鉛が不足すると低身長につながる事は証明されてるそうです。

 

   

納豆やチ−ズは、ほぼ毎日食べてます…と先生にお話すると、それよりも

「肉」が大事だという事。

確かにうちの食卓は魚が多いな。

もちろん魚も大事ですが。(←先生)

それにしても牡蠣の亜鉛含有量には驚き!!

今は牡蠣の季節で息子も大好きだし焼き牡蠣を食べ食べ、様子を見ましょうかね−。

 

にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昭和でド田舎な義実家の嫁イジメ
    mutsumi 
  • 昭和でド田舎な義実家の嫁イジメ
    メグ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM